TIPSで復習するブルプロ【中編】

引き続き、CBTで僕が確認した30種類のTIPSについて、コメントや補足説明をしていきます。

前編はこちら

ステータス一覧

・筋力……攻撃力と会心力に影響します

・耐久力… HPやスタミナ、防御力、回復力に影響します

・器用さ…攻撃力や会心率に影響します

・知力……攻撃力と会心力に影響します

・精神力…攻撃力と回復力に影響します

実は、CBTではステータスについて触れられているのがこのTIPSだけでした。

ヘルプを見ても書いてませんし、公式ホームページにも載っていません。

情報量があまりにも少なすぎる上に検証もできていないので、何をどれくらい上げたらどのくらい与ダメ・被ダメに影響するのかは現状ではわかっていません。

耐久力を上げたら本当にHPが増えスタミナの減少量が軽減されたのかも定かではありませんし、スペルキャスターが筋力を上げて意味があったのかもはっきりとはわかっていません。

今後の公式からの情報公開を待ちましょう!

 

ネームドエネミー

特定の条件を満たすと現れる特別なエネミーです。

通常のエネミーよりかなり強いですが、倒すと一定確率でバトルイマジンのイデアを入手できます。

ネームドエネミーはレアドロップでありインナーイマジンの素材であるイデアを狙って倒していたプレイヤーがほとんどだったと思います。

該当のマップにいるとネームドエネミーが出現した旨の通知が来て、それを見たプレイヤーが集まって協力して討伐していました。

その場にいる人たちでインスタントに協力プレイができるというのはお祭り感があって面白かったです。

CBTでは、ネームドエネミーは出現エリアでずっと放置していても出現することはなく、以下の条件を全て満たしたときに出現しました。

  • 前回出現してから最低でも10分が経過する
  • 出現エリア周辺のエネミーを一定数(50体程度)討伐する

僕と友人がした検証の結果なので、もしかしたら検証した日にたまたまこの条件で出現しただけかもしれませんし、正式リリース時には条件が変更される可能性がありますのでご注意ください。

 

バトルイマジン

バトルイマジンは装備して使用することで、攻撃や回復などをしてくれるイマジンです。

イマジン研究所に素材とイデアを渡すとクラフトできます。

イデアはネームドエネミーが一定確率で落としますが、それ以外のエネミーもごくまれに落とします。

装備品のように2つまでセットし、ステータスアップ・アビリティ・独自のスキルを使えるというメリットがありました。

同じバトルイマジンでも作成するたびにアビリティが変わっていましたので、正式リリース後は欲しいアビリティが出るまで何回もバトルイマジンを作成するプレイヤーもいそうですね。

バトルイマジンに付いているアビリティは融着というシステムで武器に付けることができましたので、厳選のし甲斐がありそうですね。

独自のスキルには、敵に大ダメージを与えてくれる・一定時間小さな回復エリアを作ってくれる・味方に移動速度アップのバフをかけてくれるなど、個性豊かなラインナップでした。

今後もバトルイマジンは増えていくと思いますので、プレイヤーによって個性が出るような絶妙なバランス調整にしてくれることを期待しています!

 

マウントイマジン

マウントイマジンがいれば、フィールドをより速く移動できるようになります。

エネルギーが尽きるまでマウントできますが、乗っている最中もエネミーの攻撃は受けるので気を付けましょう。

ライディング用のモンスターに乗って移動できるシステムでしたが、CBTでは不評な要素の一つでした。

その理由となったはエネルギーが尽きるのが早すぎることと、アステルリーズに戻る以外にエネルギーの回復手段がないことです。

エネルギーは自分のクラスレベルに応じて上がっていましたが、カンストのレベル35でミンスターホルンから巨竜の爪痕自由探索のポータルまでマウントイマジンで移動してギリギリもつかもたないかといった感じでした。

エネルギーが少なく長時間使えないのもストレスではありましたが、それ以上に、アステルリーズに戻る以外に回復手段が無かったことがストレスでした。

自然回復にするか、回復アイテムを用意するか、他の村でも回復できるようにするか、あるいはこの全部を可能にしてほしいですね。

CBTではマウントイマジンは1種類しかいなかったので、今後種類が増えてくれるのが楽しみです!

 

マッチング

ミッション開始時に「マッチングで開始」を選択すると、パーティを組まなくても他のプレイヤーとミッションをプレイできます。

何人でクリアしても報酬は変わらないので、気軽にマッチングしてみましょう。

ブルプロは1つのパーティにつき6人まで参加することができます。

マッチングで開始を選択したときに自分がパーティを組んでいなかった場合は完全に知らない5人と組むことになりますが、例えば4人でパーティを組んでいた場合はその4人の参加は確定し、残り2人を募集するといったシステムになっていました。

ですので、友達4人で一緒にミッションをやりたいけどマッチングだと一緒にできないといったことはありませんでしたので、ダンジョンを周回するときなんかは積極的にマッチングを利用するのが良いと思います。

ただ、6人がマッチングした後に「突入する」のボタンを全員が押さないとミッションが開始されず、1人でも押さなかった場合はパーティが成立せずミッションを開始できない仕様でした。

ミッションが始まってから全く動かないプレイヤーを発生させないための対策なのかもしれませんが、せっかく長い時間待ったのに解散されてしまったときは萎えますので、1人が突入を押さなかった場合は5人でミッションを開始するなど仕様変更をしてほしいと個人的には感じました。

 

マップの踏破

マップ上を覆っている雲は、マップ上の「踏破スポット」を調べることで晴らすことができます。

踏破スポットを見かけたら【F】で調べておきましょう。

最初アステルリーズ以外のマップには雲がかかっており、地図が見づらいようになっています。

マップの各地にある踏破スポットを調べることによりその周辺の雲が晴れるという、探索要素としてのシステムでした。

ただ、そもそもマップを見たいのはまだそのマップに慣れていないプレイヤーなのに雲で見えないようにするのはやりにくいのではないかということと、逆に慣れてくると別にマップに雲がかかっていても何ら問題なく使えるので踏破ポイントを探すメリットがないというジレンマがあったと思います。

雲がかかる仕様は今後変更されないような気はしますが、踏破ポイントに何かメリットを付けるともっとやりがいを持って探しに出かけられるのではないでしょうか。

個人的には、踏破ポイントをコンプリートしたエリアにファストトラベルできるようにしてほしいです…。

 

ミッション:タイムアタック

腕利き冒険者が集い、いかに短時間でミッションをクリアできるかを競う開拓局主催の競技です。

一定の成果をあげた冒険者には専用の衣装が贈られ、さらにクリアタイムのランキングも掲載されるので参加できるようになったらチャレンジしてみてください。

エンドコンテンツの一つですね。

特定のクラスが有利だったり壁抜けが出来たりしたのでまだまだバランス調整が必要そうですが、公式サイトに自分の名前を載せることが出来るのはロマンがありますね。

ランキングに載るまでとは言わなくても、一定のタイムを出すことが出来れば衣装をもらうことができましたので、ライトに楽しむことも出来たと思います。

 

ミッション:レイド

突如現れる異界への入り口から、強敵との戦いに挑みましょう。

見事強敵を打ち破ることができれば、開拓局からGCが大量に支給されます。

また、バトルごとのランキングも集計されており、高ランカーにはより多くのGCが支給されます。

20人で協力してボスを倒すコンテンツでした。

時間限定で受けることが出来ましたが、発生頻度が長く開催時間も長かった印象ですので、このバランスのままでいくなら忙しいプレイヤーでも参加は難しくないのではないでしょうか。

報酬のGCは衣装などと交換することが出来ましたので、貰っておいて損はないと思います!

ランキングの基準は不明瞭なところもありますが、味方をたくさん回復して敵にたくさんダメージを与えれば上がる印象でした。

ギミックを活用するなど、他にも様々な行動でランキングが上がるような仕様に仕上がることを期待してます!

 

ミッションの受け方

コマンドメニューの「ミッション」を選択すると、どこからでもミッションがプレイできます。

一度メインクエストで訪れたダンジョンの追加ミッションもここから受けることができます。

一度プレイしたダンジョンや、闘技場やタイムアタックなど解放したミッションはメニューから受けることができました。

ミッションは素材集めやレベリングのために周回するものが多かったので、どこからでも受けられるのは便利でありがたいと思いました。

ダンジョンの自由探索はミッションから行うことができず長い距離を歩いてダンジョンまで赴いていました。

これに関しては賛否両論ですが、個人的には何でもかんでもメニューから受けられてしまうと外を歩く必要が無くなってしまいそれも寂しいですし、巨竜の爪痕の自由探索への移動が億劫だったのはファストトラベル箇所やマウントイマジン、バッグの容量の問題を解決すれば解消されると思っていますので、自由探索だけはその場に行かなければいけないという現在の仕様には肯定的です。

 

巨竜の爪痕・自由探索

「巨竜の爪痕」はメインクエスト後に再度歩いて入ることで、制限時間なくダンジョンを自由探索することが出来ます。

奥に進むにつれエネミーが強くなりますが、フィールドと同様他プレイヤーもいるので、協力して一番奥を目指しましょう。

とてつもない敵が冒険者を待ち受けているかもしれません。

ダンジョンはいくつかありますが、CBTでは巨竜の爪痕だけ自由探索で入ることが出来ました。

ミッションメニューからダンジョンとして入ったときよりマップが追加され、2倍くらい長くなっていました。

通常のスタート地点より前から始まり、ずっと進んでいくと途中から通常のダンジョンと同じマップになっていく、という感じでした。

ネームドエネミーがあちこちで出現するので、レベリングには最適でした。

最後に待ち構えていた「荒ぶる牙王」というネームドエネミーはCBTでは最強のエネミーで、討伐にはものすごくやりがいがありました。

 

 

後編はこちら